クラッチ交換ーその5 完了!

クラッチ交換作業。これで終了!

Ferrari 308 クラッチ交換

クラッチワイヤー戻りましたので、後は残りの作業です。

Ferrari 308 クラッチ交換

下のギア部分のスナップリングとカラーです。こんな感じでぴったりとはまります。先にスナップリングをはめておきます。

Ferrari 308 クラッチ交換

カラーをはめ、この穴から指を突っ込んで、ぴったりとはまっているかを確認します。

Ferrari 308 クラッチ交換

お次はベアリング。

Ferrari 308 クラッチ交換

適当なソケットで押し込んでいきます。一応念のため表裏わかるようにピンク色でマーキングしてますね。

Ferrari 308 クラッチ交換
Ferrari 308 クラッチ交換

スナップリングをはめて完了!

Ferrari 308 クラッチ交換

ギアを嵌めます。これも表裏あるので要注意。

Ferrari 308 クラッチ交換

新しいナットを嵌めます。

Ferrari 308 クラッチ交換

さて、この締め付けトルクは200Nmくらい。今回ちゃんと測ろうと思い、こんなのを買いました。プリセットしておくと、そのトルクになるとブザーが鳴ります。

Ferrari 308 クラッチ交換

こんな感じで組付け。木の支えが必要ですね。でないと斜めになっちゃってナットに負荷がかかりますので。このトルク計測器結構良いです。もっと小さいとさらに良いのですけどね。(結構な大きさがあるので、場所を選びます。。。)

Ferrari 308 クラッチ交換

締め付け終わったら加締めます。

Ferrari 308 クラッチ交換

前のシーリングのカスが残っていましたので、きれいにしました。

Ferrari 308 クラッチ交換

カバー側もきれいに清掃。

Ferrari 308 クラッチ交換

こちらもオイルストーンなどで面をきれいにしておきます。

Ferrari 308 クラッチ交換

シーリングをして・・・

Ferrari 308 クラッチ交換
Ferrari 308 クラッチ交換

規定トルクで締めて完了!

あとは、フューエルフィルターの固定、ホース類などを戻して終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です