ありました!

Ferrari308
ありました!


Beverly Hills Car Clubの営業担当はJohnさん。
彼に、「動くのは無いの?」と聞いたら、
「あ、ありますよ~」
の返事。

で紹介されたのがこれ!
Ferrari308
黒いフェラーリです。

Ferrari308

Ferrari308
内装きれいじゃん!
余りにもひどいのを見ていたので、変に感動(笑)
シートとかきれいです。

Ferrari308
エンジンルームもめちゃくちゃ綺麗。
これ、たぶんカムカバーを塗装していますね。
他の周りのものの錆もなく綺麗です。

Ferrari308
下回りも結構きれいです。

しかも動く!
動画1

動画2

色が黒かぁ・・・赤が良かったなぁ。でも、ポルシェも赤だし(笑)

GTBは評価できます。やはり剛性があるので全然違うそうです。

ホイールもオリジナルが良いんだけど、この金色のホイールは何?
これ、良く調べたら、クラッシックBBSなんですね。貴重なのかも?

この1979年の米国バージョンはキャブの最終形で排ガス規制が厳しくて、パワーが落ちています。
そのためその後、インジェクションになりました。GTBi、GTSiがそうですね。
でも、それでもだめだったので、4バルブにして復活。これがQV(クワトロヴァルボーレ)
そう、ちょうど大学時代がこれだったような・・・・。

インジェクションモデルはチューニングが限られます。
キャブは面白いかも。
レスポンスがめちゃくちゃ良いそうです。それに電子制御ではないから、壊れても直せる。
(変に電子制御されていると、部品が手に入らないこともあるそうです。
 現にF355のF1マチックのコンピュータは壊れるとおしまいだそうで。他の車から中古部品で持ってこない限り無いそうです。)
パワーは落ちていますが、これ実は戻せるとのこと。
キャタライザを外して、エアーインジェクションと言う排ガスの燃焼効率をよくする装置を外せばもとに戻せるとか。

試乗したいですが、さすがに西海岸。無理です。
さて、どうしたものか????

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です