クラクションコンプレッサー修理

クラクションがなんか鳴らない。モータが回るような音はするけど・・・。と言う訳で、コンプレッサーのチェックを始めました。

Ferrari 308 ホーンコンプレッサーOH

クラクションコンプレッサーはラジエータ身が側の後ろに有ります。

Ferrari 308 ホーンコンプレッサーOH

位置関係はこちらの方がわかりやすいかな?

右側がラジエータ。エア抜きバルブが見えますね。ちなみにラジエータの下側には温度センサーが見えます。

Ferrari 308 ホーンコンプレッサーOH

取り外しはそう難しくないです。

Ferrari 308 ホーンコンプレッサーOH

しかし、めちゃくちゃ汚い!ドロドロ状態なので・・・

どうやら上のマイナスネジを外せばばらせそう・・・

ちなみに赤いキャップはオイルを添加するための穴のようです。

Ferrari 308 ホーンコンプレッサーOH

蓋を開けるとこんな感じ。

真ん中が回転。すると、板が遠心力で押し出され、回転することで空気を圧縮する構造ですね。この気密性を保つためにオイルを添加すると言うことか。

中を全部ばらし、清掃します。オイルを適量塗布しておきます。

Ferrari 308 ホーンコンプレッサーOH

再度組付けて終了!

まぁ、買わなくてもリビルトすればまだまだ使えそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です