ナンバープレートステー取り付け

日本のナンバープレートを取り付けますので、そのステー取り付けです。

Ferrari 308 ナンバープレートステー取り付け

フロントのステーはフェラーリの部品で注文しました。

場所はセンターで良いかな・・・・

当ててみましたが、取り付けには、フロントグリルを取り外す必要がありますね。

Ferrari 308 ナンバープレートステー取り付け

フロントグリルはネジ止めですので、これは簡単。この写真はバンパーまで外した状態です。(バンパーも外した方が作業スペースは生まれてよいかも。)

まぁ、開けると、いつものことですが、あちこちに錆が見えますね・・・。

(この写真を見ていて、気が付きました。ウィンカーの取り付け。これも将来四角から丸へ変更する予定。これを見ると、四角いパーツを支えるための穴がやはり横に有りますね=ふさぐ必要あり。)

Ferrari 308 ナンバープレートステー取り付け

錆びているところは一応処理しておきます。

Ferrari 308 ナンバープレートステー取り付け

この種のパーツはネジ止めだと面倒だし、陸運局になんやら言われかねないので、リベット止めにします。リベッターですが、アストロプロダクツとかであれば安く手に入ります。まぁ、あっても良い工具ですね。

Ferrari 308 ナンバープレートステー取り付け

センターをきちんとあわせてリベットを立てたところ。

Ferrari 308 ナンバープレートステー取り付け

留めたところ。リベット止め、簡単ですね・・・。

Ferrari 308 ナンバープレートステー取り付け

こんな感じで留まります。

このステーですが、ナンバープレートをとめるところが結構大きいんですね。なので、ワッシャーとかかませて留めることになります。

Ferrari 308 ナンバープレートステー取り付け

お次はリア。

まずは古いアメリカのナンバープレートを外しました。アメリカのは直付けだったんですね。穴があるので、防錆してから、ブチル系のゴムでふさぎました。本来は、ちゃんと処理した方が良いのでしょうが手抜き(苦笑)

Ferrari 308 ナンバープレートステー取り付け

留めた穴を撮影しているのですが、後ろにある足車(レヴォーグ)が写ってます(笑)

Ferrari 308 ナンバープレートステー取り付け

こちらのステーは国産です。後ろのナンバープレートは封印されるので、ちゃんとしたのを買いました。

とりあえず、これで仮ナンバーとかも取り付け可能です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です