トー調整

買うときにインスペクターからも「かなりハンドル左にとられる・・・。アライメント調整が必要。」との話でした。確かに、運転していて、左に持っていかれます。なので、トー調整を試みました。

まずは、下のパネルを外して構造とかを確認します。今回パワステ無いのですごくシンプルですね。

Ferrari 308 トー調整

開けてみると・・・またしても見てはいけないものを見てしまったかも(苦笑)

ステアリングラック周りがベタベタ状態です。ラックマウントのゴムもボロボロ。

Ferrari 308 トー調整
Ferrari 308 トー調整

掃除してきれいになりました!

Ferrari 308 トー調整

でも、いろいろ見つける!これはブレーキの配管。錆てますね。まぁ、錆止めすれば大丈夫そうですが、要注意。

Ferrari 308 トー調整

これはクーラントの配管。これもちょっと錆びてる。開けるといろいろ発見するので大変です(苦笑)なので、作業がどんどん遅くなる・・・。

Ferrari 308 トー調整

タイロッドです。先に緩めておきます。19mmですね。フットクローレンチ使っています。

Ferrari 308 トー調整

トー調整のための糸張りです。なんか測ると、フロントの方が幅が広いですね。普通、後ろの方がワイドトレッドだと思うんですが。

Ferrari 308 トー調整

キャップセンター基準で測り、この水糸を車体に平行に調整します。

Ferrari 308 トー調整

後は地道な作業・・・。規定通りになるように調整。

で、仮ナンバーとって試運転しましたが、若干とられます。ちなみに左右のホイールベース測ると、左右違っていました。10mmほど右側が長い?

まぁ、古い車なんで、その辺いい加減なんですかね?

これ、ちゃんとやるには、全部アライメント調整するしかないです。ですが、この調整にはシムが必要なんですね。このためだけに数種類のシムを買いそろえるのも無駄なので、これはショップに任せることにします。

まぁ、足回りブッシュ全部交換した後かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です