ウォータポンプチェック

ここまでばらしたついでなので、ウォータポンプを開けてみます。

ウォータポンプを外すには、タイベルのカバーを外す必要があります。カバーを外すと言うことは、エアコンコンプレッサーの取り外し、クーラントを抜く必要があるわけです。もし、ウォータポンプに故障があったら、ここまでの作業が必要と言うこと。。。。

なんで、一度開けてみることにしました。

ウォーターポンプ Ferrari 308

この真ん中にあるのがウォータポンプ。これを外すボルトが周りにあるのですが、これがカバーで隠れてしまうのですね。

まずは、この周りのボルトを全部外します。

ですが・・・貼りついているので、そのままでは取れません!

ウォータポンプ取り外し Ferrari 308

なので、スクレパーを使い、隙間を広げていきます。狙うのはガスケット部分のみです。


ォータポンプ取り外し Ferrari 308

じわーっと隙間が開いてきた状態です。


ウォータポンプ取り外し Ferrari 308

外れたところ。中はすごく綺麗!ポンプのベアリングも問題なさそうです。なので、このまま閉じることに。

ですが、このガスケットは使えないので、取り替えます。


ウォータポンプ取り外し Ferrari 308

こちらは本体側。ガスケットはこのポンプ用のを買っても良かったのですが、高いので、自作することします。これから型を取ってガスケットを作ります。


ウォータポンプ取り外し Ferrari 308

エンジン側ですが、元のガスケットをきれいにはがします。これ、結構大変な作業です。びっちり貼りついていたので・・・。

オイルストーンとかでできるだけ面をきれいに。


ウォータポンプ取り外し Ferrari 308

ウォータポンプ取り外し Ferrari 308

自作のガスケットを当ててみたところ。

黒く見えるのは、インクです(苦笑)要は、魚拓みたいにして型を取ったのですね。


ウォータポンプ取り外し Ferrari 308

液状ガスケットを使います。これはクーラントにも強いタイプ。これを塗っておけば問題ないでしょう。


ウォータポンプ取り外し Ferrari 308

組付けなおしたところです。


ウォータポンプ取り外し Ferrari 308

カバーを付けたところ。この丸で囲った部分ですね。こうなっちゃうのです。だからカバーとらないと外れないという訳・・・


ウォータポンプ取り外し Ferrari 308

色を塗りなおしたプーリーです。


ウォータポンプ取り外し Ferrari 308

Before状態(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です