フューエルのワンウェイバルブ?

フューエルフィルタ近くにあるバルブから燃料漏れを発見(汗)

イグニッション関係をメンテナンスしていたところ、ふとフューエルフィルタを見ると上部分が汚れていることを発見。

Ferrari 308 フューエルバルブ?の補修

どうやら上に見えるバルブから漏れているようです。触ってみると、下側が濡れている。

ホースが3本はいっているので、増し締めしてみましたが、漏れは止まりません。

Ferrari 308 フューエルバルブ?の補修

漏れミールをかけてしばらく放置。バルブのカシメ部分から漏れているような気がします。
この漏れミール。漏れている場所を確認するには最適ですね。エンジンオイルや液体の漏れている部分が赤くなるので、わかります。

この部品番号は111790。ですが、Superformanceとかいろいろ見てもこのパーツを売っている場所はありません。

いろいろと検索していたら、FerrariChatにぶち当たりました。

Ferrari 308 フューエルバルブ?の補修

この赤丸部分がその部品となります。ですが・・・

Ferrari 308 フューエルバルブ?の補修

欧州タイプだとそのバルブ自体がありません。
実際、FerrariChatの内容を見ると、このバルブ、なくても良いように書いてあります。何のためにあるのか正直不明です。

Ferrari 308 フューエルバルブ?の補修

まずは取り外してみることにしました。ガソリンタンクにガソリンが入っていると、漏れてきますので、ホースをクランプしてから取り外します。

結構汚れているので、磨いてみました。

Ferrari 308 フューエルバルブ?の補修

このバルブですが、フィルタ側からだと遮断されます。逆側からは通るようになっている。一方、上にあるパーツ図面を見ると、フィルタ側からガソリンは流れるので、「逆」に見えます。でも、この状態で車が動いていることを見れば、正しいのでしょうね。釈然としませんが(汗)

漏れは縁からではないかと考え、ハンダでふさぐことにしました。

Ferrari 308 フューエルバルブ?の補修

こんな感じで盛ってみましたが、結果はNG。どうも周りの素材がアルミ?なのかイマイチうまくハンダが乗らなかったようです。あるいは隙間部分の汚れがうまく取れなかったのでしょうね。

実際にハンダを一度外してみてみると、カシメ部分の内側がくるくる回ります。
そりゃ、漏れるの当然なわけで。。。
FerrariChatでもこのバルブが漏れてきた・・・と言う人が何人かいました。

Ferrari 308 フューエルバルブ?の補修

液体漏れで困った時にはこれです。レクターシール。こいつは圧力のかかる水道管なども補修できる優れものです。これでやってダメならバルブ外して直結するしかないですね。

Ferrari 308 フューエルバルブ?の補修

こんな感じで盛りつけ。カシメ部分も全部くるんでみました。レクターシールは20分もすれば実用強度に達するようです。石みたいにカチカチになります。

Ferrari 308 フューエルバルブ?の補修

とりあえず、取り付けて様子見。1日置いていますが、特に漏れはなさそう。
キャブ車なので、燃圧はそうかかりないと思うのでこれで大丈夫かな・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。