セレクターレバー調整

走っていたら、突然のギア抜け?1速とリバースが入らなくなってしまいました。

2速は入るのでなんとか走れます。で、やっとのことで帰宅!

これ、いろいろサイトを調べてみると、セレクターレバーがずれるのが原因見たいです。聞いてみると、よくあることだそうな・・・(そう、よくあると困りますが 汗)

まずは、ギアオイルを抜きます。

Ferrari 308 セレクタレバー調整
Ferrari 308 セレクタレバー調整

オイルパンを外すので、ナットを全部取ります。このトルク結構低いですね。簡単に外れます。まぁ、アルミだからなのかな?

Ferrari 308 セレクタレバー調整

オイルパンを外す前にマットを下に敷くのをお忘れなく。というのは、セレクターシャフト(というのかな?)を固定するスプリングとボールが落ちてくるからです。

実際、オイルパンにこんな感じでスリーブとかスプリングが残ります。(こいつらの外れますので、無くさないように要注意)

Ferrari 308 セレクタレバー調整

これがそのボールですね。全部で3個。

Ferrari 308 セレクタレバー調整

これがワンセット。スリーブ1個、スプリング、ボール各3こずつ。

無くさないようにビニール袋に入れておきます。

Ferrari 308 セレクタレバー調整

これがセレクターですね。この3本のシャフトを先ほどのボールスプリングで止めているわけです。

Ferrari 308 セレクタレバー調整

この部分がシフトレバーを動かすことで上下に動き、ギアセレクトがされます。これが外れてしまうのが、今回の原因。

先ほどのボールスプリングがはまっていないと、各ギアのセレクトが決まりません。ですが、オイルパンを閉じると見えませんから、これらのボールスプリングを支持する治具を作ります。

Ferrari 308 セレクタレバー調整

この形状のものを作れば良いわけです。3つの部分にそれぞれスプリング+ボールが置かれます。一番右側は穴になってます。

Ferrari 308 セレクタレバー調整

オイルパンにはまだオイルが付いていますので、これで段ボールに転写しました。

Ferrari 308 セレクタレバー調整

なんか適当ですが・・・(笑)

Ferrari 308 セレクタレバー調整

要は、こういうものを作れば良いわけです。

Ferrari 308 セレクタレバー調整

その辺に転がっていた木材に転写しました。

Ferrari 308 セレクタレバー調整

これは2作目。こんな感じになります。シャフトは段がついているので、スリープ+スプリング+ボール、スプリング+ボール、(穴に突っ込んで)スプリング+ボールとなります。穴の部分が見えています。

Ferrari 308 セレクタレバー調整

この方が位置関係が良くわかりますね。

Ferrari 308 セレクタレバー調整

先ほどの穴は、適当なアルミ板でふさぎました。

Ferrari 308 セレクタレバー調整

再度取り付けると、こんな感じ。

Ferrari 308 セレクタレバー調整

これで、シャフトが固定されます。

Ferrari 308 セレクタレバー調整

Ferrari 308 セレクタレバー調整

赤い丸部分に注目!

Ferrari 308 セレクタレバー調整
Ferrari 308 セレクタレバー調整

これが抜けた状態です。これだと1速、リバース入りません。

Ferrari 308 セレクタレバー調整

2速位置(ニュートラル位置)で合わせるのが基本だそうで。

ネジを緩めて、この場所に調整します。

ですが、完全にここまで動かない場合があります。その時は、ギアボックスの前側にあるセレクタレバーの長さを調整するネジも動かす必要があります。

あと、この作業は2人でやらないと無理ですね。誰かにシフト操作をしてもらい、下で見ている必要があります。

問題なければ、オイルパンを清掃し・・・

Ferrari 308 セレクタレバー調整
Ferrari 308 セレクタレバー調整

新しいガスケットを取り付け、シーリングを塗って、取り付けます。スプリング+ボールをきちんと入れるのがちょっと難しいです。何かプラスチックのカードとかで押さえながらやると良いかも。

規定トルクは20Nmも無かったはず・・・・。(忘れた)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です