オーバーヒート対策ーリザーブタンク設置 他

まぁ、考えられることは全部やることに。
リザーバタンクとクーリングシステムのクリーニングです。

いろいろ調べていると、拡張タンクから冷却水が押し出されて、今度は負圧時にエアを吸い込んでしまうという事があるとのこと。なので、リザーブタンクを増設することにしました。
ネットで汎用のリザーブタンクを購入します。アルミボトルタイプのものを購入しました。

取り付け場所ですが、オイルクーラー取り付け部分に適当な場所があったので、それを利用します。

ステーをかませてあとはバンドで固定です。米国仕様はエアポンプがあるので、邪魔にならないところに取り付けました。(将来このエアポンプ外したいとは思っていますが、しばらくはそこに置いておこうと思っているので・・・)

反対側からみたらこんな感じ。
これで拡張タンクには目いっぱいクーラントを満たしても問題なくなります。あふれたクーラントはこのリザーブタンクにたまるからです。冷えると元に戻るはず。

ついでなので、アルミパイプ関連も掃除することに。これはパイプクリーナー。

すべてのアルミパイプをクリーニング。これでどこにも詰まりがないことが証明されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。