排ガスチェック

4月に車検なので、排ガスチェックすることにしました。

排ガスチェックには排ガス検査機が必要。(当たり前)
ですが、これめちゃくちゃ高い!。安くても20万円以上します。
ヤフオクにもいくつか出ていますが、数万円。
しょっちゅう使うわけではないので、どうしようかと。

で、前にレヴォーグの修理でお世話になった初石鈑金さんに行くことに。
ここは民間車検場でもあります。
初石鈑金さん、すごく良いです。
丁寧だし、相談にも乗ってくれるし、おまけになぜかお野菜くれることも。
ちょっとウチからは遠いのですが、行く価値あります。

まぁ、試運転もかねて出かけました。
途中、16号渋滞だったりしましたが、水温は安定。
195Fを超えることはなし。その左1メモリとの間を行き来する感じです。
ある程度温度が上がると、ファンがきちんと作動し始め、水温下がります。ファンスイッチは今の設定=180F=80℃で問題なさそう。

サーモスタットが若干低いかな・・・と思いましたが、走行時にオーバークールになることもないので、しばらくこれで良いかなと思いました。

さて、課題の排ガスチェックですが・・・・

車見ていきなり「(臭いで)濃いね・・・」と言われ(汗)
実際に測るとHCはOKだけど、COは倍だとか(汗)

ちゃんとキャブ調整用のロングマイナスドライバ持参していましたので、その場で絞り込みます。実は、エンジン加熱問題もあるので、当初の設定より半回転開けていた(濃くしていた)のですね。なので、半回転分絞り込みます。

再度測定・・・・

無事に規定値内におさまりました。

規定値は
CO:4.5%以下
HC:1,200ppm以下
です。
COは3%付近、HCは800ppmとかでした。

これなら通りそう!

そもそも、この状態がキャブ調整直後の位置なので、問題ないという事。
これで、めちゃくちゃ薄くして、それでもだめならアイドリング下げて・・・という事しなくてもよさそうです。

この車にはエアポンプがあるのですね。将来これを外したかったので、まずはエアポンプなしで通ってくれれば万々歳!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。