ドライブシャフトブーツの交換

やっぱりと言うか、ドライブシャフトブーツが破れていました(苦笑)

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

こんな感じにパックリいっていました。これでは、車検まず通りません!

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

ボルトを外す作業からです。

Ferrari 308はポルシェ993に比べると、作業は圧倒的に楽ですね。ハブナット外す必要もないし、ドライブシャフトだけ取り外すことができます。

ただ、このボルトはめちゃくちゃ固いです。90N.mくらいで締まっています。片側は比較的スムーズに取れましたが、反対側は1本舐めてしまいました・・・

なので、最終的にはエアーインパクトレンチで外しています。エアーインパクトでやると嘘のように簡単に外れます。ボルトも舐めないし、こちらの方が圧倒的に良いですね・・・

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

ドラシャ外したところ。念のため、外側に向かって矢印を書いておきました。

エンジン側のシャフトをよく見ると段があるので間違えることは無いと思います。

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

スナップリングを外します。スナップリングプライヤーを使うのですが、このタイプは引っ掛けるところが無いので、結構滑ります。なんとか外しました。

あと、この位置関係を記録しておいた方が良いですね。外側のベアリングボールがはまる2つの半円がありますが、この狭い方が内側の半円の広い側が接しています。

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

抜いた後のシャフトはこんな感じ。少し錆びてるかな・・・

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

ベアリング取った後。かなり汚いです・・・

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

これはシャフトカラー。これ表裏あるので注意。傘型しています。とがったほうが外側。
これはどうやらスプリングの役目をしているようです。上のスナップリングを押すようなもの?いずれにしろ、表裏間違えると、スナップリングが綺麗にはまりません。(実際にやってしまいました。汗)

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

これはシャフトに対して外側ですね。

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換
Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

これはシャフトにはまる側。内側のスリーブに段があります。先のシャフトカラーが当たる場所になりますね。

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

ばらして、パーツクリーナーを使いきれいにしました。

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

この後、スリーブにグリースを塗ってボールを納めていきます。とにかくボールを傷つけないように無理しないように納めていきます。

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

内側にグリースをしっかり入れたら、先にシャフトにブーツを入れます。(忘れがちですが 笑)また、シャフトカラーを先に入れるのを忘れずに

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

ステンレスバンドを固定します。これラジオペンチでもできないことは無いですが、やはりちゃんとした工具を使った方が良いです。(後で緩みました・・・)

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

スナップリングは新しいものを使います。これだと穴があるので次回から楽!

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

くみ上げてスナップリングを嵌めれば完了!

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

とりあえず、もう一本の作業もあるので、ラップをまいて保管。

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

今回、ボルトに関しては全部新しくしました。ヘックスはやはり舐めることも多いからです。あと、ワッシャーも一部無かったので、買いました。

このワッシャー。エンジン側のボルトには写真のように2つワッシャーが必要です。理由はこうしないとエンジン側にあるボルトの頭とドライブシャフトをとめるナットとが干渉するからです。

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

取り付ける際に、グリースを盛りつけます。

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

これはタイヤ側ですね。90N.mでしめていきます。

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

これは裏技です。ドライブシャフトのボルトを締めるとき、ホイールが回転してしまいます。これをとめるためにいちいちサイドブレーキ引いていたら大変。

で、このキャリパーとブレーキディスクの隙間にマイナスドライバーを突っ込んで止めるわけです。これだと、その場でできるので作業効率上がります。

海外のブログなどではフェラーリのファクトリーでの方法だとか(苦笑)

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

これはエンジン側。先ほど干渉すると言ったナットが見えています。(これはまだ取り外す前の写真ですね。)

Ferrari 308 ドライブシャフトブーツ交換

おまけの写真。ボルトの頭を舐めてしまったので、ドレメルツールで頭を全部削ったときのものです。とにかくこのボルトは固いしのでインパクトレンチを使った方が良いです。ですが、スペースも限られているので、エクステンションとかいろいろちゃんと測ったほうが良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です