排ガス用ダクト自作

キャブ調整とかになると長時間エンジンをかけることになります。
ガレージが臭くなってしまうのですね。
というわけでダクトを作ることにしました。

ガレージも臭くなるし、服も臭くなります。
ツナギ着て作業するのですが、中の服まで臭くなります。
で、家族中の非難を浴びるわけです(笑)

よくガレージにダクトつけている人いますよね?
エンジンかけないとオイルが回らないので、そういうことをしているとのこと。

と言うわけで、排ガス用のダクトを作ることにしました。

ジョイフル本田に見に行ったのですが、アルミ製の固いものしかないです。
なので、ネットで購入。
フレキシブルダクト ダクトホースという製品です。

こんなやつですね。

後は、Y字のコネクタとダクトファンです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長さをチェックして・・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クロス入りのアルミテープでジョイントし、先端にダクトファンを取り付けました。
まぁ、30分程度の加工作業ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たたむとここまで小さくなります。

まぁ、まだ使ってませんが(苦笑)


これ、使ってみましたが、結論から先に言うとダメです(汗)

まず、排気ガスは相当な温度になるようです。なのでしばらく使っていたら、ファンが壊れました。熱でゆがんでしまったのですね。

あと、ダクト。こちらも熱で溶けてしまうことがあります。
なので、アルミのもう少ししっかりしたもので作る必要がありそうです。

ファンも相当熱に耐えるものでないとダメかな・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。