ヒューズボックス製作(オリジナル版)

前回のはミニブレードヒューズタイプでしたが、ついでなので、オリジナルに近いものも作ることにしました。

元のヒューズボックスをばらす

これが元のヒューズボックス。
ハンダ付けとかいろいろしてるし、ベース部分もかなり熱で溶けてしまったりしています。
金具は再利用しますので、全部外します。ハンダをすべて外し、ハトメ部分を3.2mmくらいのドリルで外します。

ハンダとかついてかなり汚いので、一度ドレメルツールでハンダを削り落とし、その後サンポールに付け込んで磨き上げました。

途中経過です。端子類は全部再利用します。

部品の準備

写真左側は再利用する端子。他に真鍮製の3mmボルト、ナット、ワッシャー、スプリングワッシャーを購入しました。全部Aliexpress。

新たに3Dプリンタで作ったベースです。材質はABS。反りやすい部材ですが、3Dプリンタ全体をビニール袋で覆うと比較的うまく印刷できました。
組み立ては、ハトメの代わりにボルトで留めるだけです。

完成!

組み立てですが、一応念のため導電性グリースを塗ってから行いました。

ヒューズを入れるとこんな感じです。

横から見るとこんな感じに仕上がっています。

裏を見ると良くわかりますが、補強のためにリブを付けています。

念のため、テスターで抵抗値を計測しました。
役0.6Ωという感じです。
まぁ、これでも問題なく使えると思いますが、現時点ではミニブレードヒューズタイプを組み込んでいるので、これは保管となりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です