クラッチ交換ーその1

どうもパワーが出ないと思ったら・・・・クラッチ終わってました(汗)

買ったときからなんとなく感じていました。滑ってる感じ・・・

で、試しにエンジンかけた状態で高いギアでつないだら・・・・・・・・・エンジン回ってるし(汗)

予備車検の時にも言われたんですね。「ワイヤーがパンパン」

この車はワイヤークラッチ。なのでクラッチが減ってくると、ワイヤーがパンパンに張ってきます。定期的な調整が必要なのですが、それも限界まで来ると交換しなければいけないと言うことです。

まぁ、いつかはやらなければならない作業。

と言う訳で、着手します。

クラッチですが、いつものSuperformanceから購入。AP社のものです。意外と安い!

クラッチ、レリーズベアリングなど一通り買っておきました。

作業的にはまずはジャッキアップ、左のホイール外し、タイヤハウス外しからです。

うちの車は、なぜか左のタイヤハウスを外すのがものすごく大変。(右は比較的楽なのですが・・・)押し込んだり、しながら、汗だくになってやっとのこさで外します。

Ferrari 308 クラッチ交換

で、この光景。外すものがいろいろありまして・・・

まずは、オイルクーラーのダクト。

308の横の穴は伊達ではなく、この穴からホースが伸びてオイルクーラーにまで行っています。

Ferrari 308 クラッチ交換

まずはこれを外します。

Ferrari 308 クラッチ交換

これはフューエルフィルター。これもちょっと邪魔なので、ここを外します。

ぶら下がる形になりますが、しばらくは大丈夫そう。(でも、ガソリン漏れてきましたが 汗)

Ferrari 308 クラッチ交換

フューエルフィルター。下からの写真です。

Ferrari 308 クラッチ交換

これはクラッチワイヤー接続部分。これも外します。

ピンでとめているのがわかると思います。ピンを外せば比較的楽に抜けます。

今回、クラッチワイヤーも交換します。

Ferrari 308 クラッチ交換

ピンを外そうとしているところ・・・

Ferrari 308 クラッチ交換

下からの写真。この部分も外します。

Ferrari 308 クラッチ交換
Ferrari 308 クラッチ交換

上の方にブローバイ関係?のホースとかありますので、その辺も外します。すると、これが出てくる。。。10個のナットで留まっています。これを外します。

Ferrari 308 クラッチ交換

この蓋を外すのですが、できるだけ傷つけないように・・・。シーリング剤がついているので、くっついています。上に少しだけ隙間が開いたら、下側も均等に外していきます。

Ferrari 308 クラッチ交換

スクレパーとかで少しずつ、開けていきます。この写真のものより、プラスチック製の方が良いでしょうね。

Ferrari 308 クラッチ交換

無事にカバーが取れました!

この状態で、念のため、いろいろマーキングしておくと良いと思います。ギアの表裏とかありますので。

Ferrari 308 クラッチ交換

Ferrari 308 クラッチ交換

一番下のを外します。ポンチでカシメている部分を緩めます。

Ferrari 308 クラッチ交換

特殊ツール。これがないと外れません。

Ferrari 308 クラッチ交換

エアインパクトを使います。手でも外れますが、200N.mくらいで締まっているんですね。

Ferrari 308 クラッチ交換

さすがエアツール。いとも簡単に外れます。

Ferrari 308 クラッチ交換

ギア外したところ。簡単にスポッと抜けます。

Ferrari 308 クラッチ交換

横から見るとわかると思いますが、表裏有ります。右側がボディー側だったかな?(まぁ、入れてみればすぐにわかります。反対だときれいに収まりませんので)

Ferrari 308 クラッチ交換

表側。(外側)

Ferrari 308 クラッチ交換
Ferrari 308 クラッチ交換

このスナップリングを外します。

これですが、ちゃんとしたスナップリングプライヤーを使った方が良いです。先が90度に曲がっているタイプ。そうじゃないと、ギアオイルがついているので、滑る滑る。最初無しでやろうとしたら30分以上格闘しました。あればものの数秒。

Ferrari 308 クラッチ交換
Ferrari 308 クラッチ交換

こういうスナップリングプライヤーが必須です。このタイプじゃないと滑って時間を無駄にします。

Ferrari 308 クラッチ交換

でかいですよね。・・・・

Ferrari 308 クラッチ交換
Ferrari 308 クラッチ交換

さて、ベルハウジングのナットを外していきます。

Ferrari 308 クラッチ交換
Ferrari 308 クラッチ交換
Ferrari 308 クラッチ交換

Ferrari 308 クラッチ交換

これは左奥の方。

Ferrari 308 クラッチ交換

エクステとかいろいろ駆使する必要があります。

Ferrari 308 クラッチ交換

鉄板でこんなのを作りました。これで締めていけばベルハウジングが外れていきます。

Ferrari 308 クラッチ交換

要は、このベアリングを抜きたかったんですね。ベルハウジングが外に出るのと一緒にベアリングも押し出されます。で、ベルハウジングは一度押し込みます。

Ferrari 308 クラッチ交換

細いアーレンキーとか使って引っ張り出しました。

Ferrari 308 クラッチ交換
Ferrari 308 クラッチ交換

で、この奥にはスナップリングとカバーがあります。カバーはスナップリングを覆うようについています。

Ferrari 308 クラッチ交換

同じく アーレンキー を使って引っ張り出しました。この辺、別の工具があれば良いですね。例えば、Oリング外しツールなどは最適かも。

Ferrari 308 クラッチ交換
Ferrari 308 クラッチ交換

この奥にスナップリングがあります。これを抜かないと、ベルハウジングは完全に外れません。これを外すのも結構大変。長めのスナップリングプライヤが必要です。

先ほどのスナップリングは縮めて外すタイプですが、こちらは広げて外すタイプです。

Ferrari 308 クラッチ交換

下手すると奥に行っちゃうんですね・・・。スナップリングプライヤとかいろいろ使い、手前に引きずり出します。

Ferrari 308 クラッチ交換

外れたスナップリング。

Ferrari 308 クラッチ交換

上にあった排気系?のパーツ。ブローバイ関係かな?

Ferrari 308 クラッチ交換

いきなりベルハウジング外れた絵になってますが・・・

均等に緩めながら外していきます。で、ベルハウジング重いんですよね・・・。

また、外すのも知恵の輪状態です。(コツが必要。ちょっと口では説明できません!)

Ferrari 308 クラッチ交換

ベルハウジング側です。中は真っ黒。。

Ferrari 308 クラッチ交換

プレッシャープレートを外します。トルクはそう高くないですね。

Ferrari 308 クラッチ交換

外したところ。

Ferrari 308 クラッチ交換

クラッチ版、新旧比較。右、かなり薄いです。

Ferrari 308 クラッチ交換

フライホイールを外しにかかります。一応マーキングしていますが、これ、微妙に位置がずれていますので、はまる場所は一位に決まります。ですが、探すの面倒なので、マーキングしておきます。

Ferrari 308 クラッチ交換

この部分邪魔なので外します。これ、上死点とか示すためのものだと思いますが。

Ferrari 308 クラッチ交換

フライホイール。結構汚いので、磨くことにしました。

Ferrari 308 クラッチ交換

グラインダやらを駆使して磨いていきました。まぁ、元よりはいいかな?

Ferrari 308 クラッチ交換

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です