ギアセレクターブッシュの自作・交換

調整したのにまだギア抜けする。調べてみたら・・・・

Ferrari 308 ギアセレクターブッシュ交換

これ!ギアセレクターロッドの接続部分。なんか歪んでいます。

Ferrari 308 ギアセレクターブッシュ交換

このブッシュが劣化してボロボロに。写真で見えるようにセンターがずれている。がたがた状態ですね。だから、ロッドが余計な動きをするので、ギア抜けするということ。。

Ferrari 308 ギアセレクターブッシュ交換

シャフトを緩めます。一応マーキングしておきます。

Ferrari 308 ギアセレクターブッシュ交換

ブッシュを抜いた状態。要はここにちゃんとしたものを入れると言うこと。

部品を購入しても良いのですが、結構値段がするので、ここは自作で直すことにしました。

Ferrari 308 ギアセレクターブッシュ交換

ウレタンのパイプを購入。これを加工します。ウレタンですが、加水分解してしまうものあるので要注意。

Ferrari 308 ギアセレクターブッシュ交換

ボール盤に取り付けて・・・

Ferrari 308 ギアセレクターブッシュ交換

こんな感じで削りました。まぁ、旋盤があれば楽な作業なんでしょうが。

Ferrari 308 ギアセレクターブッシュ交換

中にパイプを通してチェック。まぁ、こんなもんかな(結構いい加減。 苦笑)

Ferrari 308 ギアセレクターブッシュ交換

納めてみたところ。これでかっちり切替できそうです。

“ギアセレクターブッシュの自作・交換” への2件の返信

  1. minoru様、更新感謝です。
    メンテナンスに必要なパーツがなかなか揃わない、あっても値段が高額と現実的な悩みですね。自作してしまう技術が高度すぎとても真似できませんが、いろんな整備の手法楽しみにしています。

    1. コメントありがとうございます!
      自作と言えども結構いい加減です(苦笑)
      ただ、この程度の部品だけを購入すると、送料含めると高くなっちゃうのですね。
      場所的にそうクリティカルではないので、自作してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です