バッテリーカバーの自作

バッテリーカバーが無いので自作してみました。

本来はスペアタイヤの下にバッテリカバーがあるのですが、これがこの車にはありませんでした。無くても問題ないのですが、無いとバッテリカバーを固定するボルトがスペアタイヤで押し込まれ、曲がってしまいます。

買っても良いのですが、買うと結構なお値段します。FRP製品なので、自作することにしました。

Ferrari 308 バッテリーカバー自作

まずは段ボールで型取り。

本来は、ちゃんと粘土とかで作り、それからFRPの雌型を作って・・・というものですが、この程度のものにそこまでするのは面倒なので、MDF材を使い、それをガラスクロス+樹脂で固めることにします。

Ferrari 308 バッテリーカバー自作

こんな感じでクロスを貼って樹脂でならし・・・

Ferrari 308 バッテリーカバー自作

表裏やって整形。縁部分はクロス巻き込みで処理。まぁ、サーフボードと同じです。(サーフボード修理はしょっちゅうやっていたので、それの応用みたいなもの。)

Ferrari 308 バッテリーカバー自作

仕上げは黒での塗装。

Ferrari 308 バッテリーカバー自作
Ferrari 308 バッテリーカバー自作

納めてみたところです。

留め具も汎用のものを探し出しています。まぁ、これで問題はなさそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です