オーバーヒート対策

真夏に走ったらオーバーヒート。なので対策をしました。

まぁ、外気も外気だったのですが。その日は38度もありましたし。

息子をオープンキャンパスに連れて行こう!ってことで出かけました。途中までは快適だったのですが、到着地に近づくにつれてパワーが急になくなってくる!!!

で、エンスト。

初めての体験でした。

これが「オーバーヒート」

丁度、地下駐車場の近くだったので、なんとか車を放り込みました。

で、帰りは十分暗くなってから返りました。ドキドキもの。。。。

クーラントはエバンスにしていたんですけどね。確かにエアコンもガンガンかけていました。

で、調べてみると、あることに気が付きました。

308ってラジエータの前にファンがあるんですね。つまり、前から風が当たるのですが、ファンが塞いでいるわけです。これだけでも効率は悪い。それに加え、そのファンの風が周りに逃げてしまうんです。つまり、ラジエータ周りから逃げてしまう。

どうやら本来はラジエータ周りにスポンジがあるようです。これにより、ファンの風を逃がさないようにしている。でも、流石に40年も経つと劣化して無くなっちゃうわけです。

と言う訳で、このスポンジを付けることにします。(前置きが長い!)

Ferrari 308 オーバーヒート対策

購入したのはこれ。50mm厚のウレタンフォームです。温度レンジが若干気になりますが、まぁ、大丈夫かな?

Ferrari 308 オーバーヒート対策

いきなり完成図。

まぁ、スポンジ切って貼り付けるだけですからね。両面テープではれば完了です。

これで大丈夫かな?まぁ、真夏は走らないに越したことは無いかもしれない(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です